デザインソスタのロゴマーク

お問合わせ

制作実績

S.T様

お仕事データ

ご依頼内容
ウェディングアイテム
担当業務詳細
ヒアリング / 複数のデザイン提案 / デザイン(決定稿) / 用紙の選定・提案
初回お打ち合わせ
都内カフェにて対面で
ご担当者の人数
1名(ご確認にもう1名)
進行について
主にメール、対面
使用ツール等
Illustrator
           

制作に関するエピソード

1

ご依頼の経緯

今回ご依頼くださったSさんは、長年お付き合いをさせて頂いている大切な友人です。
Sさんは数年前にパートナーと入籍されたものの新型コロナウイルスの流行が重なり、夢であった結婚式まで中々たどり着いていないという話を前々から聞いていました。延期に加えてプラン変更など、当初想定していなかった自体が次々に起こったためです。この時期の彼女の心労はなかなかのものだったでしょう。

そんなある日、彼女から連絡がありました。
「やっとやっと、結婚式ができそうなんだ。もしよかったらペーパーアイテムのデザインをお願いできないかな。友達だからというのではなく、昔からあなたのデザインが本当に好きだから、仕事として本気でやってほしい。」

ここに至る経緯を知っているからこそ、やっとたどり着いた結婚式のアイテムを私に依頼してくださったことが嬉しかったです。それに加えて古くからの友人だからではなく、今現在プロとして仕事をする私に対するリスペクトもしっかりと表現してくれたこと、身が引き締まる想いでした。もちろん二つ返事でお引き受けしました。

2

お客様からのオーダー

Sさんからのオーダーは、「家族として大切にしているテグーの『ビビちゃん』を入れたい」という一点のみでした。デザインは完全にお任せとのことでしたので、数日考え、以下の点をデザインのキーポイントとしました。

・新婦のパーソナリティを考え、ストーリー性のあるデザインに
・テグーのビビちゃんをストーリーテラーとして構成する
・ご夫婦それぞれの出身地が違うことを活かす
・遠方で中々一堂に会することができないご両家の皆さんにも笑顔になってもらえるようなデザインに
・印刷もお任せいただいたため、紙質もお二人のパーソナリティを反映したものにする
・デザインそのものはシンプルで、時間が経って見ても心が温かくなるような普遍的なテーマにする

3

制作のポイント

式を挙げるお二人の出身地である富山県と東京都を、ビビちゃんがマリッジリングを届けることで繋ぐデザインを提案しました。結婚式の前に届く招待状と、当日会場で見る席札を通して時系列に沿ったストーリー性をもったものに仕上げたかったためです。

招待状:左側に富山の印象的な建物、右側に東京駅の駅舎などを背景にした景色の中、ビビちゃんが式場までマリッジリングを届けにいく姿。
席札:リングを持ったビビちゃんが式場に到着し「着いたよ!」と誇らしそうに笑っている姿を描きました。

また今回は用紙の選定や印刷もお任せいただいたので、お二人をイメージしてクラフト感と清潔感の両方を兼ね備えた特殊紙を選びました。そこに結婚式の特別な一日を演出する「光」をイメージしたスワロフスキーのラインストーンで装飾を施しました。

4

その他エピソード

Sさんは古くからの友人でありながら、こちら側の労力や仕事としての相場をしっかりと理解し尊重してくれました。お互い成長して大人として向き合えたこと、なにより大切なTさんの人生の1ページに花を添えることができたことに感激したお仕事でした。
制作中に嬉しかったのは、途中のデザインのチェックで富山県を象徴する建物のパーツを旦那様にお見せした時のこと。
「・・・。え、まって?すごい、ミラージュランドやん!!これはミラージュランド!!!」と反応してくださったそうです(笑)
地元の方が思い出の建物だ!と喜んでくださったことで、こちらも「あ、この方向性とクオリティで間違っていないんだな」と自信を持つことができた瞬間でした。

5

お客様からのメッセージ

人生で一度きりの結婚式。招待状から席札まで一貫したデザインにこだわりたかったので、ネットなどで様々なサンプルを探していました。しかしどれもどこか物足りなくて、自分たちらしさが感じられません。
そんな時、頭に浮かんだのが古くからの友人である彼女。彼女の制作物を昔から信頼していました。
初めての依頼で不安もありましたが、最初のヒアリングで料金や納期など丁寧に説明してくれて、安心しました。
私たちにとって大切な家族であるデグーのシルエットイラストも、納得いくまで何度も修正を重ねて、仕上げてくれました。
さらに、席札にメッセージを書きたいという私の希望に対しては、書き損じを防ぐためにメッセージカードを分離式にしよう!と提案をしてくれました。当日、普段あまり涙もろい方ではない義理の母がそのメッセージカードを見て涙を流しているのを見て、書けて良かった、と温かい気持ちになりました。
そして最大のサプライズは、披露宴の最中にデザイナーの彼女から電報が届いたこと。号泣でした。
今回は心に残るデザインと、メッセージをありがとうございました。
           

お問合わせ

お仕事のご相談はもちろん、ちょっと話してみたい…等々どなたでもお気軽にどうぞ。
こちらからのしつこい勧誘は一切いたしません。

あなたの「困った」を解決するお手伝いができれば幸いです。

お問合わせフォームへ